読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くると元気になる畑

安八町内にある来ると元気になる畑の管理&園芸のブログです。

固定品種のたねの勉強会に5日行ってきます。 

うちのやり方(農法、資材、考え方の紹介) たねの話 伝統野菜 育て方 農業

くると元気になる畑では、「ズッキーニ ロマネスコ」(ローマ伝統野菜)や、「内藤かぼちゃ」(東京都新宿伝統野菜)、「大和西瓜」(昭和初期に奈良農業試験場で、誕生した日本初の縦縞模様の皮と赤肉の西瓜)など、一部固定品種の野菜を作付します。

こうした固定品種の野菜は、だいたいひと昔前以上の育種開発によって誕生したものが多く(中には、春菊のように、今なお固定品種が主力の野菜も存在していますが)近年では、見られないものもけっこうあったりします。

ちょっとした癖があったりするものもありますが、大和西瓜や、赤皮栗かぼちゃのようにかつて一世風靡した「往年の名品種」だって存在します。

ちょっと話は、違いますが、スポーツ選手なんかだと横綱 千代の富士さんとか、巨人の長嶋茂雄さんとか、いまでもファンがいますよね。

野菜の固定品種の大半は、古い品種ですが、スポーツ選手などのようにこの品種のファンって方が、いらっしゃいます。

まぁ実は、私自身がそうしたファンなのですから(笑)

妻のお義父さんから大和西瓜については、昔の西瓜が食べたいとさっそくリクエストをいただいています。

 

とはいえ、私は、かつて花き(切り花、花壇苗、観葉植物の総称)において、JFS(ジャパンフラワーセレクション)の花壇苗部門の専門審査員(造園会社に籍を置いていましたので)をボランティアとして務めたことがあります。

私が当時、専門審査員として、審査し、「家庭などで使いやすいと思います。」と評した花は、F1の品種ばかりです。 

F1品種とは、雑種1代目のことであり、花ですと、きれいな色だったり、長持ちしたり(次々花が咲く多花性の品種の血をひいたりして長持ち)そのほか野菜とも共通しますが、病気に強かったりというところが、優れていたりします。

専門的なことですが、雑種強勢といって成長旺盛になったり、実が付きやすくなる、特定のウイルスなどにり患しにくくなるなどは、F1品種の育種開発目的あったりするわけで農家や、家庭菜園ユーザーからしたら作りやすいことは、認めるところです。

ただ、種は、毎回おなじ品種を作りたいならばF1品種の場合だと、種屋さんから買う必要がありますね。

固定品種の場合、選抜眼が、要りますが(均質な、安定生産のために)自家採種することも不可能ではありません。

もちろん自家採種するための技術(品種が、混ざらないよう気を付ける)なども当然いりますが。

 

ちなみに大和西瓜(新大和2号)の例ですが、種での購入をした場合、旧い品種ということもありF1品種よりずっと種苗費は、割安です。(その分と言っては、なんですが手間は、育てるときにかかったりしますがね)

固定品種専門の種屋さんの中には、ちょっと高いところもあったりしますが(どことは、言いません)勉強代、安心代かなあと思います。

私は、農業専門士ですし、こうした種苗業界の話も鶴島久男師匠によく聞いてよく知っていますので(どことは言えませんが、ヨーロッパで見つけた雑草を切り花用で輸入して販売したら儲かっただとか←ヲイ)農家として拡大再生産する経営を目指すため、有益に活用したいと思っています。

 

で今回、野口のタネの野口勲さんが、本巣市のねおこ座にきて講演なさるということで、5日13時より「たねのおはなし」と称してお勉強会があるようなので、出席して、勉強してきます。

申し込みお問い合わせは、ねおこ座(Facebook @neo.co.creation)まで

椅子の都合とかあるようなので、参加希望の方は、よろしくです。

 

以下ご案内まで

たねのおはなし
 

「私たちが口にする野菜の安全性や生産方法などについて、消費者意識はかなり変わってきました。しかし、その野菜の種について意識している人はまだ少ないのではないでしょうか。

「種を制するものは世界を制す」と言われ、グローバル企業はどんどん種を変えています。一方、家庭野菜や週末農業への市民の関心は高まっており、種を知ることは重要です。根尾コ・クリエイションプロジェクトでも、昨年より畑作を始め、固定種の種で野菜を作っています。

まもなく春を迎え、種を蒔く時期になります。プロジェクトでは、全国の伝統野菜を育てるために、固定種の種を何十年も研究してきた種苗店・野口のタネ/野口種苗研究所の野口勲さんを講師に迎え、種についての勉強会を開催します。

【プロフィール】
タネ屋の三代目。72才。埼玉県飯能市の野口のタネ/野口種苗研究所代表。店を継ぐ前は、虫プロダクション出版部員として、故手塚治虫氏の代表作『火の鳥』の初代担当編集者だった。(30歳を契機に現職)食糧生産の源である種子が、限られた企業に独占される状況に危機感を持ち、F1種子やGMO種子の危険性や、固定種による自家採種の大切さを訴えている。著書に『タネが危ない』(日経新聞出版社)、『いのちの種を未来に』、『固定種野菜の種と育て方』(ともに創森社)などがある。

日時:3月5日(日)13時~17時
場所:ねおこ座(本巣市根尾市場247-1)
参加:無料・申込不要(どなたでも参加できます)
主催:情報科学芸術大学院大学[IAMAS] 
   根尾コ・クリエイションプロジェクト」

 

 

「じゃがいも」 メークイン

くると元気になる畑 おかもと農園 生産物の紹介(2017年 夏作)

昔は、けっこうメジャーなジャガイモだったのですけどね。最近、あまりみかけませんね。

ねっとりしていて、芽の少ない調理にとても向いた品種です。

自家用目的(少量生産)ですので、地元での販売になります。

「南瓜」宿儺かぼちゃ

たねの話 ぎふの野菜 おかもと農園 伝統野菜 生産物の紹介(2017年 夏作)

飛騨の組合に入っていないため、商標上「宿儺南瓜」を名乗ることができませんが、同じ品種です。うちでは、ぎふ長かぼちゃの名前で出したいと思います。

大変大型品種で種も立派です。

もともとは、飛騨地方の家庭で脈々と受け継がれてきた品種で、現在のものは、選抜育種されたのだとか。

 

細長いラクビーボール(よりちょっとえがんでる)のような形をしています。

調べたところ西洋かぼちゃの1種らしいんですが、ほくほく感は、ちょっと控えめで内藤かぼちゃ同様煮物にとても向いています。

ただ、種の少ない品種でかつ、作り方も一株1個が、原則ですので、かずが・・・

 

地元限定の販売にしようか、悩みます

「南瓜」 内藤かぼちゃ

おかもと農園 たねの話 伝統野菜 生産物の紹介(2017年 夏作)

東京都新宿区というと、とっても都会のイメージのある田舎者ですが、専門学校の学生時代、そういえば訪ねたことのある新宿御苑というとても静かな公園も新宿でした。

ここの温室で、初めて私は、アボカドが、木になっているところを見ましたっけ。

 

さてFacebookのご縁でその新宿区というより新宿御苑(旧信州高遠藩内藤屋敷)に古くから伝わる内藤かぼちゃというにほんかぼちゃの種を昨年送っていただきました。

 

というわけで「岐阜県安八町」なんですが、新宿伝統の内藤かぼちゃを継がせていただきます。

 

(ちなみにほかに、岐阜県ですので、宿儺かぼちゃ、金沢伝統の赤皮栗かぼちゃ、そうめん南瓜、バターナッツを作ります。)

 

この内藤カボチャなんですが、食べた方の感想によると、しっとりして和風な味とのこと分類でもにほんかぼちゃに属しますし、煮物とか美味しいと思います。

 

つくし。

おかもと農園 農場の自然 資源(山菜、つまものなど)

まだこれからですが、畑ののり面につくしが出てくるようです。

f:id:okamotonouen:20170304084704j:plain
畑にとっては、痩せている土に出てくる草なんですが、何て言いますか田舎の風物詩、春の代名詞ですよね。

子供の頃、土手でとっては、うちで袴を剥いて、佃煮を母に作ってもらったり、卵とじとか味噌汁に入れたり食べた思い出が私には、あります。

頭の部分は、ほろ苦く、茎は、しゃきしゃきとした食感を楽しむ山菜ですね。

山菜というと、わらびや、ぜんまい、たらの芽、ふきのとう、うど、根曲がり竹が、流通的には、多いのですが、日本人のこころの原点とまで言うと言い過ぎかも知れませんが、もっとも人里に近いところにある山菜のひとつとして、是非活用してみたい山菜ですね。

ちなみにうちの畑では、この他に
ふきのとう、野蒜もごく、少量、あと、しゃく(山に生えるセリ科の山菜)、やぶがらし(ブドウ科の山菜で茹でこぼしてから調理する、独特の粘りがあり、美味)が多少出てきます。

近年は、カラスノエンドウ(子供がまだ熟していない鞘をとり、草笛にして遊ぶマメ科の野草)なんかも山菜として流通しているらしく、こうしたものも、のり面に生えてきます。春は、たのしい季節ですね。

絹さやを植えてみた。

くると元気になる畑

自家用(余れば直売もするけど)に、畑の片隅に、絹さやを植えてみました。

大和推して参る!

おかもと農園 伝統野菜 生産物の紹介(2017年 夏作)

【大和西瓜・新大和2号】

 

この間2月11日は、建国記念日でしたね。

そんな建国記念日にふと思ったのです「大和」を作ろうと。

 

といって超弩級戦艦なんて作れません。うちは、造船所でなく農家ですからね。

大和西瓜のことです。

かつて日本では、皮の模様のない西瓜が当たり前でした。余談ですが、時代劇なんかで縞々模様の西瓜を食べていたら、あれ?って思ってもいいと思います。

 

大和西瓜というのは、大正年間より奈良県農業試験場で改良されてきた西瓜で昭和に入ってから出来た「新大和2号」は、そのなかで、縞模様の皮と赤い果肉という私たちが西瓜というとイメージするあのビジュアルになった記念すべき第1号と言われています。

 

この大和西瓜ですが、戦後しばらくは、全国あちこちでごく普通に作られていました。

大きな実で、井戸水だとか、洗い場で冷やして食べたよというご年配の方もいるかもしれません。

 

しかし、今日では、ほとんどその後継品種。

高度成長期時代、核家族化が進み、スイカは、小型品種が尊ばれ、冷蔵庫の普及でギンギンに冷やしても甘い品種が、求められるといつしか爽やかな甘さを持ち大きな大和西瓜は、姿を消してしまい、今では、幻の西瓜になってしまいました。

 

また奈良県より、千葉県や、熊本県での西瓜栽培が主になったのも一因と

 

私は、現在の西瓜の名産地「千葉県」で栽培基礎を学び海のない県の岐阜県でこの大和西瓜を作りたいと思います。

というのも、「大和西瓜」は、とても飲食店のデザートに最適な西瓜であると、確信しているからです。

 

大玉ですし、そのまま切ってお出しするもよし、爽やかな甘さですからくどくなく、フルーツポンチや、かき氷のトッピングなど、デザートとして使える、大和西瓜は、いかがでしょうか。